ちょび

ちょび

「糖質制限をすると老化を防げる」
「糖質制限をすると病気を防げる」


と聞いたことはないでしょうか?

今日は老化に関係のある「AGEs」について説明したいと思います。


◆目次




糖化、AGEs(エージス、エイジス、エイジ)とは


糖化とは、食事等からとった余分な糖質(ブドウ糖)が体内のタンパク質などと結合して、細胞などを劣化させる現象のことをいいます。


そしてこの糖化によって生成される生成物を総称してAGEs(終末糖化産物)とよんでいます。



糖化が進み体内にAGEsが蓄積されるとどうなるのか


AGEs(終末糖化産物)はいわゆる「からだの焦げ付き」で、老化を進める原因物質といわれています。
AGEsによって、肌にしみやしわ、くすみなど外見の老化が進むことはもちろん、心筋梗塞や脳梗塞、骨粗鬆症、アルツハイマー型認知症などあらゆる重大な病気にも関連していると言われています。

よって健康に生活するためには、体内にAGEsを溜めない、糖化させない生活を送ることが望ましいのです。


【 AGEsが関連すると言われている病気や症状まとめ】
肌のしみ、しわ、くすみ
アルツハイマー型認知症
心血管疾患
脳卒中
骨粗鬆症
白内障
筋機能低下
動脈硬化




AGEsが作られる仕組み


ではAGEsはどのように体内に蓄積されるのでしょうか。



AGEsは
①食べ物によって外から入ってくる
②体内で作られる

のどちらかのルートで体内に蓄積されます。


①食べ物によってはいってくる場合


糖化している食べ物を食べれば体内にAGEsが入ってくることになります。
糖化している食べ物は、我々の身近にたくさんあります。
例えば甘いタレのかかった肉を焼いた時にタレ(糖)と肉(タンパク質)が加熱されることで表面がこんがりしますよね。このこんがりした部分にAGEsが発生しています。
特にホットケーキにはAGEsが大量に含まれていると言われています。
これらの食べ物に含まれるAGEsの大部分は消化の段階で分解されるのですが、約7%は排泄されずに体内に留まります。


つまりAGEsがたくさん含まれる食べ物をたくさん食べるほど、体内にAGEsが蓄積するわけです。


②体内で作られる場合


血中のブドウ糖が過剰になると、体の組織のタンパク質と糖とが結びつき、そして体温で熱せられることによって糖化が起きます。この時生成されるのがAGEsです。

つまり①の場合と違って、糖質全般がAGEs生成の原因となるわけです。


体内でできるAGEsの量は、血糖値が高ければ高いほど、そして血糖値の高い状態が長ければ長いほど糖化が促進され、AGEsはたくさん作り出され、そして長く蓄積されることになるのです。


スポンサーリンク




糖化を防ぐには


ここまで読んで、すでにお気づきだと思いますが、糖質制限は糖化予防に非常に効果的な方法なのです。
ほとんどの人は糖質制限を始めたきっかけはダイエットだと思いますが、知らず知らずのうちに糖化を予防し、老化や病気を防止しているのです!


糖化を防ぐのに効果的な方法をまとめると
  • ①糖化された食べ物を取らない(外部からの侵入を断つ)
  • ②糖を制限し体内に余らせない(体内での生成を防ぐ)
  • ③血糖値を上げないために食べる順番を工夫したり適度な運動を取り入れる(体内での生成を防ぐ)



糖質制限と共通している部分が多いのですでに実践しているかもしれません。


ただし①については実は糖質制限と相容れない部分があります。
というのも、糖質制限では肉をたくさん食べると思いますが、ステーキや焼き鳥のように、「糖と一緒に肉を焼く」とAGEsが増えてしまうのです。
肉は焼かずに茹でるなどすればより抑えられるようですね。

とはいえ、食べ物の場合はほとんどが排出されますので、過剰でない限りは大丈夫かと思います。(食べるものがなくなってしまいますからね……)

生活の中で多少気にしてみてはいかがでしょうか?


【 AGEsの多い食べ物例】
焼き鳥(タレ)
焼肉(タレ)
ステーキ(タレ)
ホットケーキ
フライドポテト
ポテトチップス

【 AGEsの少ない食べ物例】
生野菜
刺身




AGEsを測る


専用の機械でAGEsを測ることができます。
アンチエイジングに力を入れているクリニックであれば機械を置いていることがあるとのこと。

価格はまちまちですが、1000円~5000円とそれほど高くありません。
また機械で肌に光を当てるだけで計測できるので時間もほとんどかからないようです。


是非試して見てはいかがでしょうか!


↓↓↓ブログランキング参加中です。よろしければ応援ぽちっとお願いします↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村  

ダイエットランキング

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply