ちょび

ちょび

糖質制限は自炊するのが一番いいのですが、それでも外食したいですよね。


今回は糖質制限中でもハンバーガーが食べられる
フレッシュネスバーガーについて紹介します。





◆目次




フレッシュネスバーガーとは


株式会社フレッシュネスが運営するバーガーチェーン店で、他の一般的なバーガーチェーンとは異なり、注文が入ってから作る方式をとっています。(形態はモスバーガーと近いです)
出来立てを食べられるため、マグドナルドなどと比べると多少割高ですが、美味しさは別格かと思います。


また店の雰囲気は落ち着いており、ゆっくりくつろぐことが可能です。(店内には自由に読める雑誌が置いているところも有り。)


フレッシュネスバーガーの低糖質メニュー


フレッシュネスバーガーでは

全ての商品に対して低糖質バンズを選択できるのです。




別途+50円にはなりますが、どのメニューでも関係なしに低糖質バンズへ変更してもらえます。





普通のバンズ(パンプキンバンズ)の糖質量が23.6gのところ、低糖質バンズは14.8gになります!
また糖質だけではなく、カロリーも約40%オフ食物繊維はレタス3個分なので糖質以外もいいことずくめです。
※余談ですが、これを調べてむしろ普通のバンズも結構糖質が低いってことに驚きました……。ちなみにゴマバンズはもう少し糖質高めです。



糖質量は選んだメニューにもよりますが、だいたい糖質20g~25gの中で収まるものが多いです。
よって、バーガーだけであれば、スーパー糖質制限の人でもギリギリ許容範囲の糖質と言えます。



また、朝セットメニューでミニテリヤキバーガーとミニチーズバーガーがあるんですが、これらも低糖質バンズに変更してもらえます。
朝セットだとドリンク付きで税込500円程度で買えるのでめっちゃお得です!すごくオススメ!


また飲み物としてコカ・コーラZEROがあったり、ローズヒップティーがあったりと飲み物の選択肢が幅広いとろこがまたいいです!

サイドメニューにはサラダもあるのでプラスアルファでつけるのもいいですね。


スポンサーリンク



低糖質バンズの味


低糖質バンズに変えた場合どんな味がするのか?





正直違いが分からない




食べ比べたらもしかしたら分かるのかもしれませんが、私には普通のバンズと何が変わったのか分からなかったです。

もし店員さんにバンズを間違って出されても多分気付かないのでは……。


低糖質にするために小麦粉の一部を食物繊維に置き換えているそうで、味にはあまり違いがでないように工夫されているのだと思います。



低糖質バーガーの糖質量


低糖質バンズに変えた場合の糖質量をいくつか紹介したいと思います。

★クラシックバーガー低糖質バンズ【糖質20.2g】



★クラシックベーコンエッグバーガー低糖質バンズ【糖質17.8g】(多分このメニューが一番糖質が低いです)


★クラシックチーズバーガー低糖質バンズ【糖質20.5g】


★テリヤキバーガー低糖質バンズ【糖質19.7g】


他のメニューも全て低糖質バンズに変更できるので、お好きなメニューの成分表を是非確認してみてください!(フレッシュネスバーガーは成分表が公開されています)

↓↓↓ブログランキング参加中です。よろしければ応援ぽちっとお願いします↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村  

ダイエットランキング

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply