ちょび

ちょび

「糖質制限をしている」という話をすると、「グルテンフリーってこと?」と言われることがたまにあります。
意外とこの2つの違いを分かっていない人が多いようです。
ちなみに私は糖質制限はやっていますが、グルテンフリーは一切やっていません。


今回はグルテンフリーについて説明したいと思います。



◆目次






グルテンフリーとは


グルテンフリーとは、文字通り「グルテンを摂取しない」生活のこと。

グルテンとは小麦タンパクの1種のことで、小麦粉全般に含まれており、パン生地に粘りや弾力をもたせるのにこのグルテンは必須です。
小麦粉全般、大麦、ライ麦などに含まれているため、グルテンフリーとはそういった小麦粉を使用する料理を食べない食事方法といえます。


グルテンフリーはもともとはダイエット方法ではなく、小麦アレルギー、グルテンアレルギーの人が小麦粉を絶ったことによって痩せた、体の調子がよくなったといった報告があったことから、ダイエットにも有効なのではと考えられるようになりました。
また海外セレブやスポーツ選手が取り入れたことによって大きな話題になりました。



グルテンフリーのメリット


グルテンが体質に合わない人(グルテン不耐症)は、本人が気付いていないだけでそこそこの割合で存在しているそうです。
つまり、実はグルテンが体質にあわないんだけども、それに気付かず摂取し続けて体調が悪くなっている、ということがありえます。

そのような人が小麦粉を断つと、腸の調子がよくなり、いらないものを溜め込まなくなり、そして体調が改善されると言われています。



もう少し、グルテンが体にどのような悪影響をもたらしているのかを具体的にみていきましょう。

グルテンが与える悪影響


グルテンは消化管で分解されにくく、腸に残ってしまい、粘膜から体内に入り込んで腸に炎症を起こすと言われています。
これにより「腸に穴があいた状態」になり、栄養吸収が上手くいかなかったりアレルギー症状が起きたりすることがあるそうです。

そして重篤な症状を起こす人もいるそうです。これをセリアック病といい、パン食中心の欧米では一定数のセリアック病患者がいるようです。

そのほか、グルテンには強い中毒性があり、食欲を増進させたり精神を不安定にさせるという症状を引き起こすこともあるとか。


とはいえ腸が元気でグルテンの影響を受けない人もいますので、自分がグルテン不耐症なのかどうかを知るために、まず2週間程度グルテンフリーにしてみて体調をみてみることをおすすめします。
もしグルテン不耐症なら、以後グルテンフリーを続けてみるとよいです。


スポンサーリンク




糖質制限との違い


糖質制限は糖質の摂取を抑える方法ですが、糖質を抑えるためには原則小麦粉を断つことになりますので、糖質制限をすると自然にグルテンフリーを兼ねている可能性が高いです。

そのため混同されやすいのではないかと思います。




ただし、糖質制限をすると必ずグルテンフリーになるとは言えません。



なぜなら糖質制限では「代替食」としてあらゆるものを置き換え、その中にグルテンが含まれているものが多いからです。

たとえばふすまパンを作るためには、ふすま粉にグルテンをミックスする必要がありますので、ローソンの低糖質パンにもグルテンは使われています。
むしろ通常のパンよりも「グルテンを多めに使っている可能性が高い」です。成分表を見ると一番はじめに小麦たんぱくの表示があることが多いです。 これは代替パンをより良く、パンに近づけるためにグルテンが増える傾向にあるんだと思います。

よってグルテンフリーと糖質制限を混同している人は、ローソンのブランパンをグルテンフリーだと思い込んでいることがあります。
本当にグルテンフリーをしたいのであれば、成分表をしっかり確認するようにしましょう


グルテンフリーと糖質制限、ダイエットに効果的なのは?


ダイエットという意味では糖質制限の方がより効果があるでしょう。

やはりグルテンフリーはもともとダイエットがメインではなく、セリアック病のための治療法ですから、「グルテンフリーをすれば結果として痩せることもある」という程度だという印象を受けました。


そもそもグルテンフリーで痩せる原理は、グルテンを抜いたから痩せたのではなく、グルテンを抜く過程で糖質を抜いた、もしくは血糖値をあげにくくした結果で痩せるようです。




糖質制限と同じく小麦粉をたべないので、結果糖質が減って痩せる…………
血糖値をあげやすいグルテンを取らないことによって血糖値をあげにくくすることで痩せる…………

ということのようなんですが……






それってもはや糖質制限なんじゃ…………と思います。



グルテンフリーダイエットと糖質制限、結局どちらをすればいい?


どちらをとるのかはどんな効果を求めるのかによると思います。

一刻も早く痩せたいのなら糖質制限ですし、健康になることメインでついでに痩せるといいな~ということならグルテンフリーとなるでしょう。


この2つは兼ねられるので、まずはどちらも実践してみてはいかがでしょうか?



↓↓↓ブログランキング参加中です。よろしければ応援ぽちっとお願いします↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村  

ダイエットランキング

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply