ちょび

ちょび

やっぱりなんとかして餃子らしい餃子が食べられないだろうか……



小麦粉の代わりのおなじみ、ふすま粉でなんとかできないだろうか……



とりあえずうまくいくかわからないけど餃子の皮を作ってみよう!


◆目次




ふすま餃子の作り方【15個で糖質20.4g/1個1.4g】






材料


材料名
使用量
糖質量
A.餃子の皮
ふすまパンミックス
100g
糖質10.8g
100g
少々
B.餃子のタネ
白菜
50g
糖質0.9g
少々
玉ねぎ
20g
糖質1.5g
タケノコ
30g
糖質0.7g
にら
50g
糖質0.7g
豚肉
200g
糖質0.4g
C.調味料
しょうがおろし
小1
糖質0.2g
にんにくおろし
小1
糖質0.1g
鶏がらスープの素
小1
糖質1.5g
ゴマ油
大1
醤油
大1
糖質3.6g
ラカント
小1



使用したのは富澤商店さんのふすまパンミックスです。


作り方


餃子の皮を作る


① 粉を用意


を加えて混ぜる


ボロボロと固まりだします。水を足したい気持ちになるけど我慢してぐるぐるとひたすら混ぜましょう。


③ ある程度まとまってきたら本格的にこねる
まず手のひらで押すようにつぶし、折りたたんでは伸ばす、を繰り返すします。10分くらいこね続けて、粉っぽさがなくなってきたらオッケーです。





棒状にのばし、


15個に切りわける

個数はお好みで。


⑤これら15個のブロックをそれぞれ餃子の皮の形にしていきます。
まず打ち粉をしてその上に置き、いったん手のひらで平に潰します。そして綿棒でさらに薄く伸ばします。全体が均一な薄さになるように。



15枚作りました。
かなりベタつくので打ち粉は必須!!

重ねると皮同士くっついてしまうので、ベタついていたらふすま粉を軽くふりかけましょう。


スポンサーリンク


餃子のタネを作る


白菜はみじん切りにして塩をふり、しばらく置いておく。水が出てくるので絞って水をきりましょう。

⑦ その他の野菜も全てみじん切りにする

⑧ ひき肉と⑥⑦と調味料を全てあわせてよーくこねる。ピンク色になるまで。



餃子をつつむ


皮の端に肉だねをおいて包む。



こんなかんじにします。ヒダヒダありでもなしでもどちらでも。ちなみに皮がベタつき気味なので、皮を閉じる時に特に濡らしたりしなくても指で押し付けるとくっつきました。それでいいのか感はあります。



これが2皿分できました!




餃子を焼く


⑩ フライパンに油を熱し、餃子を均等におきます。中火くらいで火にかけ、熱くなってきたら湯もしくは水を注ぎ入れて蓋をします



焼いている時の音が変わってきたら蓋をあけ、ごま油を垂らし、強火で底をこんがり焼きます。ここは短時間。




ふすま粉だからめちゃくちゃ茶色い!!!!


実食!!


見た目は色以外はかなり餃子っぽい!






うま……!う、うま……?うまい…………?かな。



うーん



いや味は美味しいですよ。
油揚げを皮にみたてたやつよりは全然餃子だし美味しい。


でも見た目がかなり餃子っぽかったから……意外と味は餃子とは違うのねっていうガッカリ感がちょっと……。





やはり皮が問題ですね。





パリっと焼いたつもりだったけど全然パリっとなっていないし、また皮が分厚かったのか、非常にゴワゴワするんです。
これは私の技術が足りていないからなのか、粉の配合の問題なのか…………。



まあ見た目が餃子なので餃子食べた感は得られるかな、と。
もしかしたら焼かずに揚げ餃子にしたほうが美味しいかもしれないと思いました。



餃子はもう少し試行錯誤が必要かもな……。。


<使用した商品はこちら>


↓↓↓ブログランキング参加中です。よろしければ応援ぽちっとお願いします↓↓↓
ブログランキング・にほんブログ村へ
 にほんブログ村  

ダイエットランキング

スポンサーリンク

Comments 0

There are no comments yet.

Leave a reply